東工大生、レーゲンスブルグ工場訪問

東工大生、レーゲンスブルグ工場訪問

by No Comments yet en

はじめまして。私は東京工業大学(以下東工大)学部2年生の土屋裕輝と申します。今回、学部1年生の小原和彦とともに東工大の学生団体EPATSとしてヨーロッパに渡航し、その過程でコンチネンタルさんのレーゲンスブルグ工場を見学させていただいたのでその時の体験を報告したいと思います。 EPATSについて 私たちはEPATSという学生団体のメンバーとしてヨーロッパに渡航しました。EPATSは学生主体となって短期留学を企画する団体です。東工大生が海外で学ぶ楽しさ、必要性を実感し、日本だけにとどまらない視野を持った技術者、研究者を輩出すべく、設立されました。 今回の渡航は、ITや自動車、エネルギーについて海外の取り組みを見学して未来の生活がどうなっていくのかを考えるとともに自身の研究や活動に活かして、将来日本をこれらの分野で引っ張っていくリーダーとなるための助けとなる研修を目指し計画しました。 なぜコンチネンタルを訪問したか コンチネンタルさんのことを知ったきっかけは東工大で行われた日独特別講演会「自動車工学の最先端研究と産業への応用」でした。私たちは未来の生活を考える上で自動車はこれからも社会を支える重要な要素であると考え、この講演会に参加しました。そこでは「自動運転における包括的ヒューマンマシンインターフェースのあり方について – コンチネンタルの取り組み」という題でコンチネンタルさんの講演を聞くことができました。自動車の安全性を向上させ、渋滞を解消し最適なエネルギーの使用を可能にする自動運転は私の専攻である情報科学の技術が使われていることもあり非常に興味のある分野でした。そこで自動運転の研究開発を行い、自動車の様々なセンサー開発においてトップレベルのコンチネンタルさんに施設を見学できないかお願いすることとなりました。 レーゲンスブルグ工場での活動 レーゲンブルグ工場ではオフィスの中のいたるところに部品の展示があり、自動車部品について、どのような部品が存在し、どのようにつくられているのかを見学することができました。またロジスティックスの施設について説明していただいたり、工場を見学する過程で部品の製造だけではない生産のノウハウ、安全管理や製品の管理についてお話を伺うことができました。単に部品製造の技術があるだけでは多くの顧客に対応できず、大規模な工場ならではの仕組みがあってこのような部品製造以外の技術も重要であるということを実感することができました。特に自動制御のロボットが製品を運んでいる様子はとってもキュートで先進的な感じがして、私たちに未来の工場生産を連想させました。 工場見学以外にも案内してくださった方からドイツでの学生事情、就職事情や実際の勤務環境についても聞くことができました。ドイツでも場所によるということでしたが、基本的に授業はアグレッシブでただ座って聞いているということないそうです。またドイツは学ぶのにお金がほとんどかからず、(一般的に学費は半期で3万円程度!)、またお金のかからない留学プログラムも多くあるとのことでした。日本の学生として勉強にも留学にもお金の苦労は実感しているため、そのような制度が多くの大学で存在するのはうらやましく感じました。今回の渡航ではドイツの大学を訪問することがなかったのは残念だったのですが、僕自身ドイツや他のヨーロッパ圏の大学へ留学を考えるきっかけとなりました。 最後に 今回ドイツに渡航したことで日本とドイツの様々な違いを実感しました。日本にいるだけでは得られないような価値観や考え方の違いを感じ、もっと世界中の様々な人と話してみたいと思いました。この研修とコンチネンタルさんを訪問できたことは、学部生でこれから専攻や研究を決定していくにあたって非常に貴重な経験となりました。コンチネンタルの皆さん、本当にありがとうございました。

Read More

ビジネスユニット連携に向けた仕事とスポーツのお話

ビジネスユニット連携に向けた仕事とスポーツのお話

by No Comments yet en

前の投稿では自己紹介と日本のインターンで何をしているかを軽く書きました。 2016年の2月にはこのインターンも終わってしまうので、インターン生活について仕事の事だけでなくスポーツに関してもまとめようと思います 🙂 。 Workshop for collaboration よく「異分野融合はこれからの製品に必要だ」という話を企業でも大学でもよく聞きますが、ほとんどの人々がその「これからの製品」に関してイメージを持っていません。この問題が私たちのチームの仕事の動機であり、私の仕事はどうやって次世代のHMIやeHorizon関連の製品を作っていくかを考える事でした。私たちは関連製品を調べ、ビジネスユニット同士の協力についても何度も議論を重ねましたが、机上の空論に近い状態が続きました。 そこで私たちはワークショップを企画し、連携に関して直接ビジネスユニットの方々と議論する場を設ける事を決めました。幸運にも50人以上もの方々に各ビジネスユニット(IC, ITS, ADASなど)から参加して頂きました。普段の業務では、忙しすぎて将来の製品について考えることもなかった人が多く、ワークショップは参加者全員にとって非常に意義あるものになりました。このイベントがこれからのビジネスユニット連携の始まりになれば幸いです。 Skiing and Snowboarding 1月終わりに長野の菅平高原にスキー・スノボ旅行に行きました。メンバーが7人(ADAS 3人、S&T 1人、HR 1人、J.DRIVE 1人、と僕)だったので、スノボの事だけでなく仕事の普段聞けない話なども深く話しました。この旅行に行く前は互いにあまり知らない関係でしたが、今では何でも気兼ねなく話せる関係です。新人にとってこういう関係の同僚は本当に大事だという事を最近強く感じます。もしこういう活動に興味がある人は僕に連絡下さい。いつでも喜んで協力します 🙂 。   Tennis, Tennis, and Tennis !! 去年の12月から、坂本ヘッドコーチ(パワートレインのEngine Systemの方)率いるコンチネンタルジャパンテニスクラブに参加しています。僕も大学ではずっとテニスをしていましたが、坂本さんは社会人リーグでメンバーをやっていたのでレベルが違います、錦織圭レベルです。さらに坂本さんはとても優しい良い人なので、たくさんのパワートレインの同僚がテニスクラブに参加しています。実はこのテニス以外でパワートレイン系の方と関わる機会が一切なかったので、私にとってはかなり貴重なイベントです。 以上がインターン生活の報告でしたが、僕のコンチネンタルでの生活はもうちょっとだけ続きます。これからも更新を続けていくので、また読んで頂ければ幸いです。ここまで読んでくれた方、ありがとうございます!

Read More

コンチネンタル・ジャパンでのインターンシップ

コンチネンタル・ジャパンでのインターンシップ

by No Comments yet en

こんにちは、10月からコンチネンタル・ジャパンのインターンシップに参加しております、吉村です。来年4月から新入社員としてコンチネンタルに入社する予定ですが、(元々9月から博士課程に進学予定だった)私は現在学生ではないため、早めにインターンシップとして参加する形となりました。今回はなぜ進学をやめコンチネンタルで働く事にしたのか、今私がコンチネンタルで何をやっているかという二つの事を書きます。 Why Continental? 元々私は自動運転の制御系で博士課程に進学予定でした。安全な交通を実現するには自動運転を一刻も早く完成させる事が重要であり、その答えが博士課程にあると信じていた為です。この考えを改めるきっかけを与えてくれたのがCambridge Energy Data Lab(イギリスのITベンチャー)でのインターンの経験でした。修士卒業後、データサイエンスの勉強(とウィンブルドン観戦)の為、4ヶ月におよぶインターンに参加しました。 そこでの経験を通して彼らから学んだ事は「正しい事を正しい時に正しい場所で行う重要性」です。IT業界で成功を収める為に彼らが実践していたのは、誰よりも早く王道を見つけ歩むという実にシンプルな法則でした。私は彼らの法則に則り、安全な交通を実現するための「正しい事」を行う「正しい時」と「正しい場所」を再考しました。その結果、私が到達した「正しい事」は「いかに交通を制御するか」、「正しい時」は「完全自動運転が実現された後」、そして「正しい場所」はコンチネンタルでした。 センサーベースの(1台だけの自律した)自動運転である限り安全性や円滑性には限界がありますが、通信技術による車両間の協調やeHorizonによる交通量の制御はその壁を壊す可能性があり、その未来を描いているコンチネンタルは正しい場所であると確信し、今に至ります。 What I’m doing 現在はインターンシップに参加してからちょうど一ヶ月程度ですが、この一ヶ月は自動運転の要素技術の勉強がメインでした。特にHMI(Human Machine Interface)のBU(Business Unit)に所属という事もあり、自動運転で必要なHMIを中心に学んでおりました。自動運転の技術がこれからどれだけ進んだとしても、人が乗る限りドライバーと車、車と歩行者のinteractionは存在し続けます。各自動車メーカーが個性を発揮する中、サプライヤーとしてコンチネンタルが次世代HMIをどう作っていくかを考える上で非常に貴重な時間を過ごさせて頂いてます。先日は東京モーターショーに内定者と共に参加し、最先端の車・技術に触れる事ができました。このインターンシップは2月頃まで続くので、時々更新したいと思っています。よろしくお願いします。

Read More

東京モーターショー2015 – 初めてのモーターショー

東京モーターショー2015 – 初めてのモーターショー

by No Comments yet en

第44回東京モーターショーが現在東京ビッグサイトで開催されています。私は開催二日目の10月29日、プレスデーの日に訪れました。午前中はまだプレスデーだったため幸運にもコンチネンタルの執行役員メンバーの一人ヘルムート・マチのプレスブリーフィングを聞くことができました。彼はプレスブリーフィングでコンチネンタルのポートフォリオの強みを活かして自動運転システムを包括的なソリューションとして日本のカーメーカーに提供できることを強調していました。特にコンチネンタルのインテリア部門で開発を行っているヒューマンマシンインターフェイスは自動運転車と人が効率よくまたシームレスにコミュニケーションを行うために非常に重要な役割を担う部分であり、コンチネンタルが力を入れている開発の一つであることも伝えました。会場からあふれるほどメディア関係者が集まっており、日本中の注目を浴びている技術であるということを実感しました。 私たちだけでなく、多くの自動車部品サプライヤーやカーメーカーが近い将来自動運転の実現に向けて技術開発にしのぎを削っているということを感じるイベントでした。これが東京モーターショーを非常に熱くする理由の一つなのだと感じました。自動運転技術の実現はその開発同様ステップバイステップで進んでいきますが、その過程は事故ゼロ社会の実現という夢と希望に満ちたものだと思います。そして、コンチネンタルがその実現に向けて大きな役割を担っているということに非常に誇りを感じました。 今年の東京モーターショーは11月8日まで開催されます。ぜひ多くの方々にコンチネンタルブースを訪れていただき、私たちが目指している未来のモビリティの一部を覗いてみてもらえたらと思います。

Read More

My activities when I was a student in the 90ies and now in Continental

My activities when I was a student in the 90ies and now in Continental

by No Comments yet en

I studied mechanical engineering at Waseda university in Japan (Masters in thermal dynamics) quite long time ago. 1989 I was a member of Eco run club. The Eco run competition means to compete in the distance that the car can run with one litter of gasoline. We build the car from 0. We had a…

Read More

母校への訪問:東京工業大学

母校への訪問:東京工業大学

by No Comments yet en

2月9日、母校の東京工業大学を訪問し、OB・OGを交えた就職に関するフリートークイベントに参加させていただきました。学生主催のイベントということもあり興味のある学生が学部1年生から修士2年まで幅広く集まっていただきました。 これまでの職歴や人事の仕事、それとコンチネンタルオートモーティブについて簡単に話をし、学生との質疑応答であっという間の2時間でした。 参加者にとってコンチネンタルはあまりなじみのない企業だったかもしれません。しかしセッションが終了するころには興味を持った学生から、学部卒、もしくは修士卒はどちらを採用したいと思っているのか、という具体的な質問までいただきました。コンチネンタルジャパンでは学部学生、修士学生ともにエンジニア志望の学生を募集しており両方の新入社員に向けた研修「DRIVE」を用意しています。この研修を通してより実践的かつ先進的な技術スキルを身につけて一人前のエンジニアに成長してもらいたいと考えています。*DRIVEはコンチネンタルジャパンで新入社員向けにデザインされたエンジニア育成プログラムです。 今回会った学生の印象は、就職について今のところぼんやりとしたイメージを抱いているということです。学年が様々だったということも要因かもしれませんが、これから修士課程に進む学生でも理系就職にするか、公務員といった文系よりの就職にするかという感じで、具体的なイメージを描いている学生というのはまばらでした。 私も学生の時はそうだったのですが、学校で勉強していること、研究内容が実際の社会や企業でどう活かせるのかという具体的なイメージを持つのは結構ハードルが高いことなのだと改めて感じました。しかし今回のように大学の先輩が就職をしてどんな企業に入社し、どんな仕事をしているのか、このような活動を通して話を聞くことができれば、将来の自分の姿をイメージする良いきっかけになるのではないかと思います。私がコンチネンタルに就職を決めた理由は、従業員を信頼し、個人に裁量が与えられる会社であるような印象を面接等を通して感じたからです。入社した現在はグローバルプロジェクトに参加し、自分のアイデアが採用されチームに貢献していることを実感し、入社前の印象が正しかったことをまさに実感しています。 このような取り組みを通して(コンチネンタルではアンバサダーと呼んでいます)、採用活動につなげるだけでなく、学生がなりたい将来像、キャリアプランの形成に役立てばすごく意義のある活動だと感じます。アンバサダー活動に協力してくださっている社員のみなさんにも感謝です。

Read More